読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の白房について。略して「いまふさ」

白房(しろふさ)の日記帳。日記だけど不定期投稿。

2017.02.21

白房です。

今日も今日とて体調不良で会社をお休みしました。

僕の健康はどこだ。

 

 

先月の末の話で恐縮ですが、オフサ会のメンバーと一緒に、三重県桑名市にある、「囲碁将棋サロン庵」さんに行ってきました。

どんなところかは、リンク先を見ていただければ、と思います。

桑名の駅から徒歩2分くらいでしょうか。

 

囲碁将棋サロンとありますが、囲碁将棋だけでなく、チェスやバックギャモン人狼や各種アナログゲームを楽しんできました。店長さんもフレンドリーでお話し上手。

とてもいいところなので大満足し、また近いうちに行きたいと思っています。

 

 

僕が庵さんに行って思ったこと。

アナログゲームが今、流行しています。囲碁将棋に始まり、TRPGだってあります。

楽しいものは楽しいので、もっと流行ればいいと思います。

 

しかし僕は、これに関していつも思うことがあります。

アナログゲームをやるためのハードルについてです。

簡単に言ってしまうと、「一緒に遊ぶ友達を探すのが難しい」ということです。

 

僕は2014年の12月に将棋を始めました。

会社の同僚に将棋を指す人がいたのがきっかけです。

ただこれは、あくまでたまたまの話です。

 

アナログゲームに興味を持った。やってみたい。でも周りに、やってくれる人がいない。

これがアナログゲームに関する、最初にして、最大のハードルだと思っています。

 

庵に来る人は、基本的に「アナログゲームが好きな人」だと考えます。そこには、一緒に遊んでくれる、切磋琢磨できる友人がいます。

 

もしあなたが、「周りにアナログゲームを遊んでくれる人がいない」と悩むのであれば、一度足を運んでみたらいかなでしょうか。

重ねてですが、オススメします。

 

oshama.sakura.ne.jp

 

 

今日やったこと。

通院。

キルデスビジネスについての打ち合わせ。

 

今日これからやること。

お風呂に入って、寝る。