「恋に額縁を。愛に角砂糖を」

白房が恋愛についてお話しするブログ

エンドロールのその後に

 白房です。続きです。

 

 はれて僕は、フウコさんとお付き合いを始めることになりました。生まれてはじめて出来た彼女、それはそれは大好きで仕方ありませんでした。

 

 毎日学校で顔をあわせます。帰ってからも、電話で喋ります。ラインやスカイプはおろか、携帯電話さえ無い時代。家にある家庭の電話で、毎日のようにおしゃべりしました。

 

 お互いちょっとだけオタ趣味だったので、その話がメインです。フウコさんはとあるマンガが好きで、(今で言う腐女子だったことも)そのころ知りました。お互いがお互いの内面を見詰め合うことになりました。

 

 春休みが終わり、僕らは2年生になりました。フウコさんとは違うクラスになりました。それでも学校が一緒ですから、毎日あーだこーだと話をします。そして、家に帰れば電話です。

 

 さて。そんな毎日でしたが、電話代がえらいことになると予想され、僕は家族に呼びだれました。そして怒られました。「そんなに話したければ会って話せ」ってことです。

 高校が一緒であり、また同じ市内に住むもの同士ですから、会って話すこともできるはずでした。自転車で30分も走れば会える距離です。

 が、そこには高いハードルが待っていました。フウコさんの門限です。えらく早い門限で、夜は外出ができなかったのです。会って話したいのはやまやまですが、いかんせん所詮は高校生なので、門限をぶっ飛ばすことはできませんでした。

 

 電話代と門限。この二つの高校生には高いハードル。

 

 門限はともかく、今であれば電話代はハードルになりません。ラインでもスカイプでもなんでも使えば、自由にお話しすることができます。しかし、もう一度書きますが、そんなものは僕が高校生の時には存在しません。

 白房少年は、毎日を悶々として過ごすことになります。もっと会いたい、もっと声を聞きたい。その想いを毎日募らせいきました。毎日会っているのに、それでももっともっと、だったのです。

 

 さて。そんなこんなで春が終わりを迎えます。季節は初夏。そして梅雨。

 

 ここから先は、次回に回したいと思います。